赤坂通りデンタルクリニック 福島 一隆  インプラント症例

お問い合わせフォーム

  • ご挨拶
  • 活動報告
  • インプラント症例
  • お客様の声

「上顎左2」

fukushima001_000

fukushima001_001

(画像クリックで拡大)

fukushima001_002

初診時:歯が割れてしまっています。神経が無い歯なので黒く変色もしています。
抜去歯ですが、粉々になっています。
インプラントを埋入し、固定できるように抜歯によってできた穴の形をドリルで修正してから、インプラントを少しずつゆっくりと入れていきます。
(画像クリックで拡大)

fukushima001_003

抜歯した歯の方が大きいので、隙間ができますから、ここに骨充填材を詰めて、隙間を埋めます。
歯肉の移植も行ったので、歯茎のボリュームも十分回復しています。
仮歯を入れるために、ほんの数ミリだけ切開し、ジルコニア製のアバットメントを立てました。
精密模型の型取りのために、アバットメントを外したところです。中央の灰色のところがインプラントにアバットメントを立てるための穴です。(画像クリックで拡大)

fukushima001_004

ジルコニア製のアバットメントに、ジルコニアで補強されたオールセラミッククラウンがセットされました。前歯のインプラントの場合は、この組み合わせで新しい歯を作製することが、審美的な点から一番有利と考えらます。また、衛生面においても他の材質よりプラークが付着しにくいので有利です。
(画像クリックで拡大)

fukushima001_005

レントゲン的にもインプラントの周りに骨吸収も見られずに安定しています。
(画像クリックで拡大)


インプラントの「さきがけ」HOME > 非公開: 福島 一隆 ご挨拶 > インプラント症例