赤坂通りデンタルクリニック 福島 一隆  歯が一本駄目になったときに、インプラントにしていれば、多くの歯を失わずにすんだかも。

お問い合わせフォーム

  • ご挨拶
  • 活動報告
  • インプラント症例
  • お客様の声

歯が一本駄目になったときに、インプラントにしていれば、多くの歯を失わずにすんだかも。

インプラント治療をするようになったきっかけは、装着していたブリッジが駄目になってしまい、部分入れ歯を入れるようになったからです。食事のときにあごがすれる感覚があり、いつかインプラント治療をしなければ、とは思っていました。そんなときに出会ったのが福島先生です。最初にお会いしたときに手紙を下さって、患者思いの先生だなと感激しました。
話しやすくてコミュニケーションを取りやすいというのも、うれしかったです。

インプラント治療に関しては、人工の骨を入れることで、多少の不安もありました。身体にゆがみは出ないか、また手術も不安でしたが、寝ている間に終わり、身体のゆがみも感じていません。結果的にとても楽な治療でしたね。治療後の結果は期待通り。以前は噛めなかったものが楽に噛めるのです。もちろんイカなどの固いものも難なく食べられます。今回の治療の結果にはとても満足しています。

インプラント治療を考えている方にお伝えしたいことがあります。それは治療の時期の大切さです。私は歯を一本失ったときにブリッジを行いましたが、更に一本駄目になり、その後で更に一本。という悪循環を繰り返してきました。今思うのは、一本の歯が駄目になったときに、インプラント治療をしていれば、多くの歯を失わずにすんだと思うことです。ですから、歯が一本なくなった時点でインプラント治療をお勧めしたいですね。皆さんにはぜひインプラント治療の良さを知って欲しいと思います。

赤坂通りデンタルクリニック 詳細はこちら

インプラントの「さきがけ」HOME > 非公開: 福島 一隆 ご挨拶 > 患者様の声 > 歯が一本駄目になったときに、インプラントにしていれば、多くの歯を失わずにすんだかも。