宝沢伊藤歯科医院 伊藤 克紀  下顎左67

お問い合わせフォーム

  • ご挨拶
  • 活動報告
  • インプラント症例
  • お客様の声

「下顎左67」

ito001_000

ito001_001

左右の奥歯を両方抜くと、今以上に食べづらくなるので、片側ずつ抜いてインプラント治療をすることにしました。まず、左下を抜いて半年待って、インプラントを埋め込みました。(最近は歯を抜くのと同時にインプラントを埋入し、さらに即日に仮歯を入れる方法もできるようになってきましたが、この患者さんのケースは歯を抜く前の骨に問題があったので、リスクを考えて通常のプロトコールで行いました。)
(画像クリックで拡大)

ito001_002

埋入後は3ヶ月待って、仮の土台を立て、歯ぐきの治癒を待って上部構造の型とりをしました。上部構造が正しくかみ合っているかを試しをしました。
(画像クリックで拡大)

ito001_003

最終仕上げをしてセットしました。インプラント治療によって奥歯の噛み合わせがしっかりし、前歯への負担も軽減されました。インプラントには咀嚼の機能回復以外に、残存歯を保護する役割もあります。治療により若々しく、健康的な口元にもなりました。
(画像クリックで拡大)

ito001_004

術前のデンタル写真です。
(画像クリックで拡大)

ito001_005

左下6・7埋入時のパノラマ写真です。
(画像クリックで拡大)

ito001_006

左下が完成して右下にインプラントを埋入しました。
(画像クリックで拡大)


インプラントの「さきがけ」HOME > 伊藤 克紀 ご挨拶 > インプラント症例 > 下顎左67