てんま歯科 鈴木 親良  上顎右5

お問い合わせフォーム

  • ご挨拶
  • 活動報告
  • インプラント症例
  • お客様の声

「上顎右5」

suzuki002_000

suzuki002_001

1.虫歯の進行により抜歯されました。上顎洞までの距離が近い為、上顎洞挙上術が必要です。
2.抜歯後早期に、抜歯した部位より上顎洞を挙上し、外側にもGBR(骨再生誘導法)を行いました。3.十分な治癒を待って歯肉を開いて見ますと再生された骨がしっつかりと出来ています。
4.インプラント埋入時です。
(画像クリックで拡大)

suzuki002_002

5.レントゲンにより、上顎洞が挙上され、適度な長さのインプラントが確認できます。
6.二次手術時です。歯肉を少し開いて、歯肉の厚みを増やす為、歯肉と骨の間にCTG(結合組織移植術)を行いました。
7.終了時です。
(画像クリックで拡大)


インプラントの「さきがけ」HOME > 鈴木 親良 ご挨拶 > インプラント症例 > 上顎右5